泡立たないクリームシャンプーを使えば、頭皮の臭いは消えるか!?

クリームシャンプーで頭皮の臭いが改善?

 

クリームシャンプーを使って、頭皮の臭いが消えったという声を聞いたことがありませんか?

 

その前にあなたは、頭皮の臭いに気づいていますか?
意外にも、気づいている人は多いと思います。

 

実際、頭皮は汗を掻くと悪臭がし、自分が使った枕を嗅ぐと異臭があるはずです。

 

こんな人も多いと思います。

頭皮の臭いを消そうと、市販のシャンプーで髪と一緒に洗っては見たものの、一向に臭いが改善する気配なしです。
それどころかますます臭いが酷くなっていく気がします。

 

こんな悩みがある人は、頭皮の臭い対策として、クリームシャンプーがおすすめです。

普通のシャンプーを使うより効果的だと思っています。

 

 

 

 

 

クリームシャンプーで頭皮の臭いは消せるの?

 

頭皮の臭いは、清潔にするのはもちろん、皮脂量をコントロールすることが大事な対策になります。

 

皮脂量が減れば、細菌も繁殖しにくくなります。
そして皮脂量を減らすには、クリームシャンプーがもっとも適したシャンプーです。

 

普通に市販されているシャンプーは洗浄力が強すぎるので、必要な皮脂まで洗い流してしまいます。
「キレイになるのにどうして悪いの?」
と思う人もいるかもしれませんが、皮脂を落とし過ぎると皮脂が過剰分泌してしまうのです。

 

しかし、クリームシャンプーは洗浄力が優しいので、必要な皮脂を頭皮に残してくれます。
臭いの原因である皮脂量も上手くコントロールしてくれるので、頭皮の臭いも落ち着いてくるはずです。

 

しかもクリームシャンプーは、抗酸化作用のある成分や消臭成分が配合されている商品が多いので、より効果が期待できると思います。

 

ちなみに頭皮だけでなく、髪もキューティクルが剥がれると、色々な臭いが付着しやすくなって、悪臭がすることがあります。
この点も、クリームシャンプーは洗浄力が優しいので安心ですよね。

 

説明したようにクリームシャンプーは頭皮臭の改善に効果が期待できます。
臭いの原因である皮脂量をコントロールし、皮脂の酸化を抑える成分や消臭成分が配合されているものが多いからです。

 

 

クリームシャンプーを使った人は、実際に頭皮の臭いが消えているか?

クリームシャンプーを使った人で、頭皮の臭いが消えた人はいるでしょうか?
実在します!!

 

紹介したいと思います。

 

私は髪を洗っても、翌日の夜になると、頭皮の臭いが気になります。
だから毎朝シャンプーをしていました。

 

しかし、クリームシャンプーを使ってからは、夜に洗髪するだけで臭いが気にならなくなりました。
汗を掻いたときは別ですが、クリームシャンプーだけで対策になっています。

 

私は、頭皮の臭いに悩んでいて調べていたら、どうやらクリームシャンプーがいいぞ!という情報をキャッチしました。
体臭は強くないけど、1日経つと、頭皮が臭うので早速試してみました。

 

クリームシャンプーに変えて良かったです。

 

頭皮の汚れや臭いを落としてくれます。
つや出しや抜け毛ケアの成分の配合していますし、私には合っています。

 

頭皮の臭いがしない洗い方にコツがあります。
お湯だけで予洗いして、汚れを浮かせて流すことです。

 

これをやると、クリームシャンプーが地肌に馴染みやすくなって、頭皮の臭いも気にならなくなるはずです。

 

クリームシャンプーって、凄いですね!!

 

 

 

普通のシャンプーを使っても頭皮が臭い原因は?(参考情報)

 

どうしてシャンプーで頭皮をキレイにしているのに頭皮臭がするのでしょうか?
一般的に頭皮が臭いのは、以下が原因です。

  • 皮脂が酸化している。
  • 細菌が繁殖している。
  • 加齢臭とミドル臭。

 

 

皮脂が酸化している

皮脂や汗などの頭皮の老廃物が混ざって酸化すると臭いがぷーんと発生します。

 

頭皮の皮脂は、汗腺や皮脂腺がたくさん集まっていて顔のTゾーンの2倍も分泌されます。
当然、皮脂が多いので、臭いも酷くなります。

 

 

皮脂の酸化は、日ごろの食生活も関係しています。
油の多い食生活をしていると、皮脂の酸化が進みます。


 

汗腺や皮脂腺がいっぱい集まっている頭皮は臭くなりやすく、脂っこいものを食べることで、皮脂の酸化が促進されて悪臭を放ちます。
だから皮脂と食生活をコントロールすることが悪臭を抑えるポイントとなります。

 

皮脂の分泌量は使っているシャンプーを変更するだけで、ある程度改善できます。

 

 

細菌が繁殖している

頭皮の細菌が繁殖すると、頭皮が臭くなります。
頭皮にいる常在菌は、皮脂や古い角質などをエサで増殖します。
頭皮の長鎖脂肪酸に作用して臭いの強い脂肪酸に分解されることで、嫌な臭いを放つんです。

 

細菌の餌となる皮脂の量をコントロールすることで、頭皮の臭いが改善できます。

 

 

加齢臭とミドル臭

悪臭の原因として有名なのが「加齢臭」ですね。

 

加齢臭は、「ノネナール」という物質が原因です。
皮脂線が多いところで発生し、50歳以降の男性に多いです。
主に頭部や首筋から臭いが発生し、蝋燭やチーズ、古本のような臭いがすると言われています。
また、喫煙者は非喫煙者に比べて悪臭が強くなります。

 

一方、ミドル臭とは何でしょうか?

ミドル臭は「ジアセチル」という物質が原因で、30〜40歳の男性で発生します。

 

ジアセチルは汗の中の乳酸が細菌に代謝・分解して悪臭を発し、120倍にも相当する臭気がします。
主に後頭部や頭頂部、首筋から発生しますが脂臭です。

 

なお、ミドル臭や加齢臭は男性だけでなく、女性にも起こります。
加齢で女性ホルモンより男性ホルモンが優勢になるからです。
女性ホルモンは、皮脂酸化抑制作用がありますが、40代後半から減少し、皮脂が酸化しやすく悪臭を放ちます。

 

とにかく年を取るにつれて、ジアセチルやノネナールなどの物質で頭皮が臭くなります。
でも、食生活で皮脂の酸化を防いだり、皮脂の分泌量を抑えることで、頭皮の悪臭はある程度改善されるはずです。

 

 

 

まとめ

  • 頭皮の臭いの原因は、皮脂の酸化と細菌の繁殖、加齢・ミドル臭です。
  • クリームシャンプーは、皮脂量を過剰分泌を抑えるので、頭皮の臭いを抑えます。
  • クリームシャンプーの中には、抗酸化作用のある成分や消臭成分が配合されているものが多いので、かなり効果が期待できます。

 

 


TOPへ