バランローズ黒クリームシャンプーは赤くなるという噂は?色はナチュラルブラウンのみ?

バランローズ黒クリームシャンプーで赤くなるか?

 

バランローズ黒クリームシャンプーは、白髪ケアができるクリームシャンプーとして新登場!!

 

とても評判が良いですね。
ヒットの予感がします。しかし、売れてくるといろいろな声が出てきます。

 

実際、検索件数が多いときに表示されるGoogleのサジェストキーワードでは、「バラン ローズ 黒クリームシャンプー 赤く なる」と表示されることもあります。

 

やっぱり気になりますよね。
この辺りの真相を明らかにしたいと思います。

 

>>KURO(黒)クリームシャンプーの公式サイトはこちら

 

 

 

 

バランローズ黒クリームシャンプーは赤くなる?

 

バランローズ黒クリームシャンプーの口コミを見ると、一部の声に以下のようなものが見つかります。

 

とてもきれいに染まりました。髪がさらさらツヤツヤになります。ただ根元(地肌?)が赤くなるのが少し気になります。

<出典:楽天レビュー

 

使った人の中には、赤っぽくなる人がいるようですね。
答えは、公式サイトに記載されています。

※地毛の色や長年の白髪染めからの影響による個人差はございますが、使い続けていくうちに暗めのブラウンへと落ち着きます。

<出典:公式サイト>

 

当然、個人差があって、地毛の色や、過去にやってきた白髪染めの影響で、すぐにナチュラルブラウンにならずに段階的に暗めになっていきます。

 

実際、口コミの中では以下の声もあります。

 

とても良い

市販の白髪染めで肌や頭皮が荒れてしまったので、刺激の少ないヘアマニキュアを探していました。こちらはテクスチャがクレイっぽいというのに惹かれて購入してみました。

 

届いたので早速使ってみたところ、生え際の白い部分には1回で赤茶色に色が入りました(乾いた髪に使用し、15分ほど置いて流しました)。
2回〜3回ほどで黒っぽく変化しました。

 

今5日ほど使用しましたが、分け目の生え際はうっすらと茶色っぽく、後は黒々と艶のある髪です。自宅ケアの仕上がりとしては大変満足です。


<出典:楽天レビュー

 

 

人によっては染め始めは、白髪が混ざってブラウンが赤っぽくなるのが真相のようですね。
安全のために天然成分を多く使っているのも、原因の一つだと思われます。
しかし口コミにもあるように、繰り返し使っていくうちに黒っぽく変化していくので、続けましょう。

 

 

今なら、初回62%OFFの特別価格で始めることができます。
実際に試してみてください。


>>KURO(黒)クリームシャンプーの公式サイトはこちら

 

 

 

バランローズ黒クリームシャンプーの色はナチュナルブラウンのみか?赤くなるのと関係あるか?

 

バランローズ黒クリームシャンプーの色は、調べたところ、現在ではナチュラルブラウンのみです。
人によっては、染め始めは赤っぽくなることがあるのも納得ですね。ブラウンは赤系だからです。

 

配合成分を見ると、着色料として、(+/-)HC青2、59.HC赤3、60.HC黄2、61.HC黄4が使われています。
安全性が高く、分子が小さい成分です。

 

さらにウコン根茎エキス(黄色の着色)、ムラサキ根エキス(紫の着色)、ベニバナ花エキス(紅色の着色)、クチナシ果実エキス(黄色の着色)など天然成分が使用されています。
バランローズ黒クリームシャンプーで、着色目的で配合されているかどうかは分かりませんが、着色効果が期待できる成分なので、赤くなることと関係がまったくないとは言えません。

 

 

いずれにしても、髪がしっかり染まってくれば、最終的にはナチュラルブラウンに落ち着くだろうから、そんなに心配することはないでしょう。

 

 

 

まとめ

 

バランローズ黒クリームシャンプーが赤くなるという一部の口コミについて説明しました。
あまり心配することはないでしょう。

 

黒クリームシャンプーは段階的に染まるタイプなので、毎日使うことが大事です。

 

公式サイトでは、お得な価格で始めることができます。

 

>>KURO(黒)クリームシャンプーの公式サイトはこちら

 

 

 


TOPへ