バランローズ黒クリームシャンプーにジアミンが入っているかを調査

バランローズ黒クリームシャンプー ジアミン

 

髪を染められるクリームシャンプー「バランローズ黒クリームシャンプー(KUROクリームシャンプー)」。
半永久的に白髪染め不要だと、注目されています。

 

白髪染めやヘアカラーというと気になるのが「ジアミン」。白髪染めやヘアカラーに詳しい人なら知っていますよね。
ジアミンという酸化染料は、アレルギーやボロ髪の原因になることがあるアレです。

 

白髪染めで肌トラブルになった人や、髪がぼろぼろになった人は、ジアミンを使っているかどうかはとても気になるでしょう。

 

そこで、本記事では、バランローズ黒クリームシャンプーとジアミンの関係について書いてみたいと思います。

 

 

 

 

バランローズ黒クリームシャンプーにジアミンが配合されているか調べた

バランローズ黒クリームシャンプー

 

バランローズ黒クリームシャンプーにジアミンが含まれているかどうか調べたところ、配合されていませんでした。

 

ジアミンとは、正式名称「パラフェニレンジアミン」のことで酸化染料です。
酸化染料は、酸化反応によって発色や染毛する成分ですが、アレルギー発症の恐れがあったり、髪がキシキシする原因になったりすると言われています。
ジアミンが入っていたら、私はダメ
という人も少なくないです。

 

実は酸化染料は、パラフェニレンジアミン以外にもあります。
特にアレルギーのリスクがあるのが、硫酸トルエン2,5-ジミアンやパラアミノフェノールなどの酸化染料です。

 

が、幸いなことにバランローズ黒クリームシャンプーには、いずれも配合されておりません。

 

公式サイトにも、「酸化染料不使用」の堂々と書いています。そもそも酸化染料自体が使われていないのです。

 

ですから、ジアミンの白髪染めは使えないという方は、バランローズ黒クリームシャンプーはめちゃくちゃおすすめします。
どうせなら安全に髪を染めたいですよね。
>>KURO(黒)クリームシャンプーの公式サイトはこちら

 

 

 

バランローズ黒クリームシャンプーは、ジアミンを使わずにちゃんと染まるのか?

 

バランローズ黒クリームシャンプーはジアミンを使いませんが、ジアミンは良く染まるから使われているのですよね。

 

だったら、染まりにくいのは?

と思うはずです。

 

でも、心配はいりません。ちゃんと染まります。
バランローズ黒クリームシャンプーは、ナノ分子染料(HC染料)と髪に優しい4種の天然染料から抽出したエキスを配合しています。

 

ナノ分子染料(HC染料)は、名前の通り、小さい分子がキューティクルの隙間に浸透して、優しく着色しています。
分子が大きかったら染まりにくいと思いますが、分子が小さいので良く染まります。

 

染まり具合には個人差がありますが、口コミの評判も良いです。
何といってもキューティクルを開かないので髪をほとんど傷めません。

 

 

まとめ

ナチュラルブラウン

 

バランローズ黒クリームシャンプーは、ジアミンが配合されていません。
ジアミンどころか酸化染料も配合されていません。

 

白髪染めでアレルギーや、髪がぼろぼろになりやすい人にはおすすめできる商品です。

 

バランローズ黒クリームシャンプーは、白髪染めとして使えるだけでなく、シャンプーやトリートメントとしての役割もあります。
ですから、かなりお得だと思います。

 

価格

公式サイトのうる艶黒髪定期コースだと、以下の特典があります。

  • 特別価格 初回62%OFF
  • 受け取りがスムーズで楽
  • 2回目以降もずっと20%OFF
  • 全国どこでも送料無料
  • 解約や休止、周期変機いつでもOK

>>KURO(黒)クリームシャンプーの公式サイトはこちら

 

 

 

 


TOPへ